弥山登拝2 弥山山頂エリアのお堂~御山神社(厳島神社 奥宮)参拝

弥山登拝1の続きです。大聖院入口のすぐ横に枝分かれして大聖院コースの登山道の出発点があり、大聖院参拝後すぐに弥山登山に出発しました。

弥山 大聖院コース登山道

弥山登山道の鳥居

この先は神社の神域ですよ=霊山ですよという鳥居です。

登山道の石段

今後、このような石段がどんどん続きます。弥山の登山道は霊山だけあってよい山の霊気があり、気持ちよい登山となりました。

しばらく歩くと、遠くに瀧宮神社が見えてきました。

瀧宮神社の遠景

瀧宮神社

瀧宮神社は白糸の滝の入口付近に建つ神社でした。とても気持ちよい波動の神社でしたので、立ち寄るのがよいと思います。

白糸の滝

登山道

賽の河原付近

巨岩にはさまれた登山道

登山道

登山道が上に近づくと杜の中を通りました。杜の中は木々のエネルギーが強くて思わずしばらく立ち止まって感じ入りました。小鳥のさえずりが多いのも印象深い杜です。ひょっとすると人間は単なる闖入者で、警戒のさえずりなのかもしれませんが・・・。(^∀^;) 気持ちよいさえずりだったので、歓迎のさえずりととっておくことにしました。

仁王門~頂上近くの堂宇

杜の中の登山道を通り過ぎると、仁王門に出会いました。仁王門を超えると、山頂エリアのお寺の境内領域ということになるのかなと思います。

仁王門

霊気がある活きた門だったと思います。

岩肌の登山道

登山道の石

岩肌の登山道

岩が山

 

登山道にある御山神社の鳥居
弥山登山を先にしておこうと思い一旦御山神社参拝はスキップし、一番最後に取っておくとくことにしました。というのも、御山神社が弥山で一番格が高い場所だと当たりをつけていたためです。御山神社の参拝については、後ほど書いていきます。

弥山頂上付近の堂宇 弥山本堂

弥山本堂 虚空蔵菩薩

弥山頂上付近の堂宇 不消霊火堂

霊火堂横の授与所

弥山頂上付近の堂宇 三鬼堂

次ページへ続く